馬大好き当てりんブログ

絶対に勝ちたい人必見!!

スプリンターズステークスG1 2019

f:id:black-cherry-0127:20190926163044j:plain

 

最強の

スプリンターが誕生!!

誰が勝つのか?

 

ダノンスマッシュか、、、、

タワーオブロンドンか、、、、

それ以外の馬が飛んでくるのか?

 


 

過去2走で大敗していない馬に注目

過去10年の出走馬について、過去2走での最低着順別に成績をまとめると、最低着順が4着以内だった各組が好走率で上位となっている。過去2走で大敗した経験がある馬の好走も少なくないが、2011年以降に中山競馬場で行われた7回に限れば、優勝馬は全て過去2走の最低着順が4着以内だった。まずは過去2走ともに好走していた馬を重視したい。

 

直近のJRAの芝1200メートル重賞での単勝人気をチェック

過去10年の出走馬について、直近で出走したJRAの芝1200メートル重賞での単勝人気別に成績を調べると、4番人気以内だった馬が優勝馬延べ10頭中9頭、連対馬延べ20頭中18頭を占めている。逆に、5番人気以下だった馬は3着以内数でも好走率でも大きく下回っている。ちなみに、該当レース不出走組で優勝したのは、JRA初出走だった香港馬のウルトラファンタジー(2010年)。日本馬については、直近のJRAの芝1200メートル重賞で上位人気に推されていた馬を高く評価したい。

 

同年5月以降の出走回数は要チェック

過去10年の出走馬について、同年5月以降の出走回数別に成績を調べると、優勝馬延べ10頭中9頭は出走回数が2回、残る1頭は1回となっている。連対馬で見ても延べ20頭中17頭が2回以下となっており、同年5月以降の出走回数が3回以上だった馬は苦戦傾向にある。今年の出走馬についても、臨戦過程をチェックしておきたい。

 

勝馬は6番より外の馬番に多い

新潟競馬場で行われた2014年を除く、中山競馬場で行われた過去10回の馬番別成績を調べると、優勝馬延べ10頭中9頭は6番より外の馬番で、勝率と連対率で「6から10番」と「11から16番」が「1から5番」をリードしている。なお、「1から5番」は3着が5回あり、3着内率では内・中・外の各グループ間に大きな差は生じていない。これらの傾向は、フォーメーションを組む際の参考にできるかもしれない。

 

楽しみでしかたがない!!!!!!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

勝ち馬がわかる血統の教科書 [ 亀谷 敬正 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/9/26時点)

楽天で購入